2021 安田記念 シュネルマイスター?

グランアレグリアに勝てるとすれば、まだ対戦がなく年下が条件。シュネルマイスターしかいません。

3歳ではリアルインパクトが、NHKマイルC3着⇒安田記念1着。
斤量54kgは相当なアドバンテージです。

97年はスピードワールドが安田記念3着。
上記2頭に比べて完成度は上で、デビュー当時から注目されていました。

スピードワールドと同じ3歳、芦毛で思い出すのはミュージックタイム。
東京マイルのNZTではダイタクヘリオスを抑えて優勝。
ニジンスキー直仔で期待されました。

ミュージックタイム産駒サプライズパワーの馬主は前都知事の舛添要一氏。
TCKの東京ダービーを制覇したのも縁があったのでしょう。
猪瀬氏→舛添氏→小池氏へと引き継がれた東京五輪はどうなるのでしょうか?

シュネルマイスターは、古馬の一線級に比べて瞬発力が劣る印象ですが、
持久力はありそうなので、斤量差を生かすことに期待したいです。

【予想】
◎5グランアレグリア
○7ラウダシオン
▲1サリオス
△8インディチャンプ
△13シュネルマイスター
3連単
5→1,7,13→1,7,8,13
13→5→1,7,8

過去5回の1~3着馬の血統から予想しています。父系、母系の血統、母の成績、兄姉の成績も分かりやすく表示しています。

★詳しくはこちらのホームページへどうぞ。
安田記念・過去5年の血統




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。