2021 さきたま杯・ハイランドピーク

安田記念と同じ時季でトロットサンダーを思い出します。
あれから25年、節目で古臭い血統がくるのを期待してハイランドピークを狙います。

ハイランドピーク
浦和と似たコース形態の札幌で行われたエルムSで1着・2着の実績があります。
持久力はあるので先行できれば面白そうです。

曾祖母は懐かしのダンスダンスダンス。
叔母ステップオブダンスは同コースのユングフラウ賞1着。

父トーセンブライト
ダ1400mの重賞3勝、9歳時には兵庫ゴールドT1着で晩成型の血統。
エルムSも連対しています。

エルムS1着リッカルドは
南関東に転厩直後、7歳でフジノウェーブ記念など重賞4連勝、手がつけられないほどでした。

今回、ハイランドピークは6~7番人気でしょうか?
7歳でピークをすぎた印象ですが、転げ落ちるまでは行っていないので、もう一花咲かせてもらいたいです。

【予想】
◎3ハイランドピーク
○1アルクトス
▲2エアスピネル
△4ワイドファラオ
△8ベストマッチョ
△9ノボバカラ
3連複
3-1,2-1,2,4,8,9

過去5回の1~3着馬の血統から予想しています。父系、母系の血統、母の成績、兄姉の成績も分かりやすく表示しています。

★詳しくはこちらのホームページへどうぞ。
さきたま杯・過去5年の血統




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。