宝塚記念・ペルシアンナイトで大穴狙い

宝塚記念は時計がかかる、また、グランプリなのでブラストワンピースに行きたくなりますが、同じハービンジャー産駒のペルシアンナイトで大穴を狙います。

ペルシアンナイトは、2017年のマイルCS以来、ずっと負け続けていますが、ほぼ掲示板は確保しています。
3年間のマイルCSを見ると、時計のかかる馬場が向いているといえます。
宝塚記念に出走したことはないので、未知な部分に期待ができます。

最近の宝塚記念では、ヌレイエフの血を持った馬が穴をあける傾向にあります。

2018年 ミッキーロケット 7番人気 1着
ノーブルマーズ 12番人気 3着
2017年 ミッキークイーン 4番人気 3着
2015年 デニムアンドルビー 10番人気 2着
2014年 ヴィルシーナ 8番人気 3着

ペルシアンナイトは、ゴールドアリュールの甥っ子なので、ヌレイエフの血が強調された血統です。
今年の出走馬では、クロノジェネシス、トーセンカンビーナ、トーセンスーリヤなどにヌレイエフの血があります。

和田竜二騎手はテイエムオペラオー以来のGⅠ制覇だったのが宝塚記念のミッキーロケットでした。
ペルシアンナイトも内枠なのでミッキーロケットと同じような競馬ができるかも知れません。