北海道スプリントC・マテラスカイを消す理由

逃げが予想されるマテラスカイの取捨がカギです。海外レース後の休み明け、血統、人気などを考えて、消してみます。

 

同じスパイツタウン産駒のマテラスカイとモズスーパーフレア比較します。
ともに4歳春に本格化、条件戦を一気に勝ち上がり、マテラスカイはプロキオンS、モズスーパーフレアはオーシャンSで重賞制覇しています。

しかし、どちらもその後はムラな成績が続いています。
オープンに上がった直後の重賞で、初めて速いペースを経験し、かかるようになったと言えます。
ゴーンウエストはこのような感じの馬が多い感じです。

母父のラーイにはトキオパーフェクトがいます。
この馬もデビューから4連勝で、重賞のクリスタルCを制覇しましたが、その後はムラな成績になってしまいました。
早熟だったとも言えますが。

マテラスカイは中央では強く、地方ではダメという成績なので、地方のダートが合わないと言われますが、それ以前の問題なのかも知れません。
マテラスカイはずっと武豊騎手で逃げていますが、自分のペースで行っているにもかかわらず、成績が伴っていません。
馬自信が気持ちよく行けないとダメということでしょう。

マテラスカイは本格化したプロキオンSから2年経っており、ピークはすぎているでしょう。
今年は無観客なので、よい影響を受けるかも知れませんが、blkeibaでの点数が低いので、思い切って消します。