京浜盃・南関東牝馬三冠チャームアスリープの仔ブラヴール

南関東の生え抜きでJRAの馬とも互角な勝負を繰り広げた両親を持つブラヴールを狙います。地方競馬ファンにはたまらない血統です。

父セレンは地方の生え抜きで、父マーベラスサンデー、母父ブライアンズタイムの血統です。
セレンは勝島王冠、大井記念、東京記念の南関東の重賞を3つ制覇して大井の適性が抜群で、
東京大賞典ではサクセスブロッケンと0.3秒差の4着など、JRA馬とも互角の実力の持ち主でした。

マーベラスサンデーというと、シルクフェイマス、ネヴァブション、ホッコーブレーヴなどが代表産駒で、
晩成の長距離タイプが多いですが、セレンも古馬になってから活躍しました。
京浜盃ではその辺りが心配ですが、母を考えれば、先物買いをする価値はありそうです。




 

母チャームアスリープは2006年に、桜花賞、東京プリンセス賞、関東オークスの南関東牝馬三冠を史上初めて達成した名牝です。
ティンバーカントリー産駒はカイカヨソウなどが地方で実績があり、母父ザグレブはコスモバルクの父として知られます。
いづれも3歳春に活躍した馬たちなので期待できそうです。

ブラヴールは5戦5連対で、上がりの脚もしっかりしています。
前走のクラシックトライアルを勝ち、すでに羽田盃の優先出走権があるので、京浜盃では積極的な競馬をするつもりなのでしょう。
全日本2歳優駿を勝ったヴァケーションとの頭2軸で、馬連や3連複、3連単で狙います。

全日本2歳優駿を勝ったヴァケーションが1番人気になりそうです。
ヴァケーションは、エスポワールシチー産駒で母父サッカーボーイです。
サッカーボーイは名マイラーでしたが、仔はナリタトップロード、ヒシミラクル、アイポッパー、ダートではキョウトシチーなど、長距離馬が多いです。
ヴァケーションもスタミナがあり、京浜盃よりも流れが厳しくなる羽田盃の方が向きそうで、休み明けということもあり、ここでは2着、3着の馬券も買いたいです。




 

 過去5年の京浜盃の血統傾向はこちらです。

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト。人気のコンピ指数がレース前夜に読める!