日経新春杯・軽ハンデ&ハットトリックの甥マスターコードで中穴狙い

今年の日経新春杯はメンバーがそれほど強くないので、条件馬ですが軽ハンデのマスターコードを穴で狙います。

京都の馬場は今までにないほど時計がかかります。先週のシンザン記念でも1番人気のルーツドールが惨敗して高配当が出ました。
今週も間違いなく時計がかかるので、それに対応できそなマスターコードを穴で狙いたいです。




 

日経新春杯と同じコースで行われた古都Sを参考にして、マスターコードとプリンスオブペスカを穴候補に選びました。
さすがに2:30.4は遅すぎですが、時計がかかる馬場の方が走るのは間違いありません。

プリンスオブペスカは父ハーツクライ、母父が天皇賞(春)を勝ったマイネルキッツの父であるチーフベアハートです。
スタミナがあって良さそうですが、最近の京都のレースを見ると「時計がかかる=スタミナがある馬」ではない感じを受けます。

その点、マスターコードの叔父は、マイルCSを勝ったハットトリックなので、京都適性に加えてスピードの裏づけもあります。
自身も京都で行われた2走前の古都S2着、4走前の白川特別を勝っており、
絶対的なスピードはありませんが、最近はほぼ上がり3ハロン3位以内を記録しています。

先週の寿Sでは、12番人気の勝ったウインクルサルーテが勝ちました。
父が時計がかかる馬場に定評のあるハービンジャー産駒で、マスターコードの父も同じです。

同日の芝2200mの4歳以上1勝クラスでは、3kg減の見習騎手が3人乗って、1~3着までを独占しました。
今の馬場には斤量の軽い馬が向いている証拠ではないでしょうか?
マスターコードも前走から3kg減で出走できるので、例年以上に軽ハンデが効きそうです。

昨日1月18日の京都競馬では、羅生門ステークスでは1着同着でしたが、幸英明騎手が3勝して好調なのも買い材料です。




 

 過去5年の日経新春杯の血統傾向はこちらです。

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト。人気のコンピ指数がレース前夜に読める!