京都大賞典・グローリーヴェイズは京都芝2400mの鬼血統

スプリンターズSはリナーテを狙いましたが、まったくいいところがありませんでした。
1~3番人気で決まったので、仕方がありません。
今週は、毎日王冠は小頭数で面白くないので、17頭立ての京都大賞典を買います。




 

1番人気ですが、グローリーヴェイズから買います。
グローリーヴェイズの祖母は牝馬三冠のメジロラモーヌです。
私はオグリキャップの頃から競馬を始めたので、見たことはありませんでしたが、伝説の馬として語り継がれています。
メジロラモーヌの仔は活躍馬がおらず、メジロリベーラが父シンボリルドルフ、両親が三冠馬ということで話題になったくらいです。

グローリーヴェイズは日経新春杯を勝っているのっで、京都2400mが得意なのは明らかです。
メジロラモーヌもエリザベス女王杯を勝っています。
秋華賞ができるまでは、牝馬三冠の最終戦は、京都芝2400mのエリザベス女王杯でした。

メジロラモーヌの姪であるメジロランバダも日経新春杯勝っています。
また、近親のメジロカンムリは、京都2400mのエリザベス女王杯で2着しました。
このときに勝ったのが17番人気のタケノベルベット、馬連ができたばかりで、大荒れになったのを覚えています。

メジロライアンの血があるのも頼もしいです。メジロライアン産駒も、メジロドーベルがエリザベス女王杯(芝2200m)連覇、メジロブライトが天皇賞(春)、日経新春杯を勝っており、とても京都に強い血統です。

このように、グローリーヴェイズは、京都2400mの鬼と言えます。
3連単1着で買いますが、休み明けなので2着で買っても面白いかも知れません。




 

過去5年の京都大賞典の傾向・予想はこちらです。