ジャパンダートダービー・地方馬ブラヴールで中穴狙い

今年のジャパンダートダービーは、ユニコーンSのように、前に行った馬がすべてバテる展開になると予想して、後るでじっとしているブラヴールを狙います。

 

父セレンは地方の生え抜きで、父マーベラスサンデー、母父ブライアンズタイムの血統です。
セレンは勝島王冠、大井記念、東京記念の南関東の重賞を3つ制覇、大井の適性が抜群でした。
東京大賞典では、勝ったサクセスブロッケンと0.3秒差の4着など、JRA馬とも互角の実力の持ち主でした。

マーベラスサンデーというと、シルクフェイマス、ネヴァブション、ホッコーブレーヴなどが代表産駒で、
晩成の長距離タイプが多いですが、セレンも古馬になってから活躍しました。
その辺りが心配ですが、その点は母の血が補ってくれそうです。

母チャームアスリープは2006年に、桜花賞、東京プリンセス賞、関東オークスの南関東牝馬三冠を史上初めて達成した名牝です。
ティンバーカントリー産駒は、アドマイヤドンなどが地方で実績があり、母父ザグレブはコスモバルクの父として知られます。
2歳から活躍した馬たちなので期待できそうです。

過去5年のジャパンダートダービーでは、ブライアンズタイムの血を持つ馬が4頭、馬券になっています。
ブラヴールとミヤジコクオウで迷いましたが、エスポワールシチーの弟であるミヤジコクオウは晩成型とみました。

ブラヴールは7戦7連対で、相手なりに走れるタイプと言えます。
東京ダービーを取り消したのが不安ですが、上がりの脚がしっかりしているので、後ろでじっとして直線で馬券圏内にくることを期待したいです。

カフェファラオが勝てば、3連単でも3連複でも同じなので、3連複の2頭軸で買います。
◎カフェファラオ
○ブラヴール
▲ミヤジコクオウ
△バーナードループ
△フルフラット
△ダイメイコリーダ