bloodkeiba 競馬血統予想
血統を点数化して競馬予想しているホームページです。

かきつばた記念(JpnV)

2020年5月 日 名古屋競馬場 ダ1400m

2020.5. 名古屋競馬場2020.5. 浦和競馬場2020.5. 園田競馬場
かきつばた記念(JpnV)しらさぎ賞(SV)兵庫CS(JpnU)


★過去のデータ

過去5年のかきつばた記念(名古屋ダ1400m)の傾向です。
(1〜3着馬の人気と血統、1番人気馬の着順と血統)

系統の出現頻度
 1位 2位 3位


かきつばた記念 2019年5月1日 名古屋 ダ1400m 不良
2019 かきつばた記念父の系統父母父の系統母父母父の系統母母父の系統
1着2ゴールドクイーンシニスターミニスターエーピーインディヴァイスリージェントタイキシャトルヘイローヘクタープロテクター *
2着1ヤマニンアンプリメシニスターミニスターエーピーインディヴァイスリージェントサンデーサイレンスサンデーサイレンスニジンスキー *
3着5テーオーヘリオスフサイチペガサスミスタープロスペクターダンジグアフタヌーンディーライトダマスカスバックパサー

かきつばた記念 2018年4月30日 名古屋 ダ1400m 良
2018 かきつばた記念父の系統父母父の系統母父母父の系統母母父の系統
1着2サクセスエナジーキンシャサノキセキフジキセキリボージャングルポケットトニービンデピュティミニスター *
2着1キングズガードシニスターミニスターエーピーインディヴァイスリージェントキングヘイローダンシングブレーヴデインヒル *
3着9サンライズメジャーダイワメジャーサンデーサイレンスノーザンテーストデピュティミニスターヴァイスリージェントブラッシンググルーム

かきつばた記念 2017年5月3日 名古屋 ダ1400m 良
2017 かきつばた記念父の系統父母父の系統母父母父の系統母母父の系統
1着2トウケイタイガータイムパラドックスブライアンズタイムリファールマルゼンスキーニジンスキーネヴァーベンド
2着4タムロミラクルディープインパクトサンデーサイレンスリファールジョリーズヘイローヘイローネヴァーベンド
3着1ショコラブランクロフネヴァイスリージェントフェアウェイサンデーサイレンスサンデーサイレンスリファール *

かきつばた記念 2016年5月4日 名古屋 ダ1400m 良
2016 かきつばた記念父の系統父母父の系統母父母父の系統母母父の系統
1着2ノボバカラアドマイヤオーラアグネスタキオンニジンスキーフレンチデピュティヴァイスリージェントダンジグ
2着3ブルドッグボスダイワメジャーサンデーサイレンスノーザンテーストデインヒルダンジグニジンスキー
3着4レーザーバレットブライアンズタイムロベルトリボーミスタープロスペクターミスタープロスペクターボールドルーラー
4着1タガノトネールケイムホームゴーンウエストニアークティックキングカメハメハミスタープロスペクタートニービン *

かきつばた記念 2015年5月4日 名古屋 ダ1400m 重
2015 かきつばた記念父の系統父母父の系統母父母父の系統母母父の系統
1着1コーリンベリーサウスヴィグラスエンドスウィープナスルーラミシックトライブミスタープロスペクターアジュディケーティング *
2着3レーザーバレットブライアンズタイムロベルトリボーミスタープロスペクターミスタープロスペクターボールドルーラー
3着2メイショウコロンボマンハッタンカフェサンデーサイレンスリボーエルハーブダンジグリボー


★点数(出現頻度)

点数父の系統
サンデーサイレンス
ヴァイスリージェント
リボー
エーピーインディ
ロベルト
ノーザンテースト
ミスタープロスペクター
リファール
ダンジグ、ナスルーラ、ニジンスキー、フェアウェイ
点数母の系統
ダンジグ
ミスタープロスペクター
ヴァイスリージェント
ニジンスキー
サンデーサイレンス
ネヴァーベンド
ヘイロー
ボールドルーラー
リファール
グレイソヴリン、ダマスカス、トムフール、ブラッシンググルーム、リボー


★2020 かきつばた記念 出走予定馬

 父の系統父母父の系統母父母父の系統母母父の系統
JRA
         
         
         
         
補欠馬(JRA)
         
         
         
         
地方
         
         
         
         
         
         
         
         



★2020 かきつばた記念 結果

  父の系統父母父の系統母父母父の系統母母父の系統
1着        
2着        
3着        

2020年 | TOPページ